赤ちゃんが卵アレルギーになる可能性を大幅に防ぐことができるという研究結果が発表されました。

卵アレルギーとは
食物アレルギーの一種。乳幼児から幼児期にかけては食物アレルギーの主要な原因として鶏卵と牛乳がその半数以上を占める。全卵ではなく卵黄アレルギーや卵白アレルギーもある。

アトピー性皮膚炎と診断された乳児が生後6カ月から卵を食べ始めると、1歳時点で卵アレルギーになるのを約8割減らせるとの研究結果を国立成育医療研究センターのチームがまとめた。アレルギーの原因となる食物は早く食べ始めた方がいいという考え方で、新たな予防法につながる可能性がある。8日付英医学誌ランセットに発表した。

生後4~5カ月時点で、食物アレルギーを発症するリスクが高いアトピー性皮膚炎と診断された乳児を、生後6カ月からゆで卵とカボチャの粉末を毎日食べるグループ(60人)と、カボチャの粉末だけを食べるグループ(61人)に分けた。

卵の量は、生後6~9カ月は1日50ミリグラム、それ以降は250ミリグラムと段階的に増やした。両グループともアトピー性皮膚炎の治療を並行して行い、1歳の時点で、ゆで卵2分の1個(32グラム)に相当する7グラムの粉末を食べてもらい、卵アレルギーを発症するかどうかを調べた。

その結果、卵を食べていない乳児の発症率が38%だったのに対し、卵を食べた乳児は8%と、発症を約8割抑えることができた。重い副作用はなかった。少しずつ卵を食べることで耐性がついたと考えられる。

引用元
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161209-00000017-asahi-sci

この研究結果を受けてネットでは

「これは朗報」
「アトピーだからって諦めてはいけないな」
「うちの子供も少しずつ食べさせたら治ったよ」

などのコメントが多数寄せられています。ただし鵜呑みにせず、必ずお医者さんの支持に従いましょう。

 

スポンサーリンク

卵アレルギーの発症を減らせるニュースにネットの反応は?

2016/12/09 10:45

1才頃に抗体が作れる体になるのかな?
完全ではないかもしれないけど、これは朗報だね。
名無しさん
2016/12/09 10:47
色んなものを食べろってことだね
名無しさん
2016/12/09 10:52
でも摂取しすぎるとアレルギーになる人もいるよね。
花粉みたいに許容量が超えて発症しちゃうパターン。
早い時期からバランス良くほどほどにってことなのかな。
遺伝的、環境による個人の体質にもよるだろうけど。
名無しさん
2016/12/09 11:03
>でも摂取しすぎるとアレルギーになる人もいるよね。
私は大人になってから最近生卵を食べると口の周りがかゆくなるようになりました。
好物が急に食べられなくなった話はたまにきく。
名無しさん
2016/12/09 11:21
曝露することで正しい免疫機能を獲得するというのは
以前から言われていた説ですね
名無しさん
2016/12/09 11:27
アレルギーってある種の防御本能に起因する部分もあるんだろうから、安全であることを体が覚えれば回避できる可能性はあるんだろうね。
蕎麦屋が蕎麦アレルギーになったりするのは、過剰にさらされるからでしょう。。
名無しさん
2016/12/09 11:32
免疫の過剰な働きがアレルギーだから、幼い時に口から摂取する事によって抗体が作られにくい体になるんですよ!
ただ、傷口など粘膜は異物を除去する為の抗体が多めに作られる場所なんで、口の周りが荒れてて、その傷口から卵がつく事によって卵アレルギーになったりする事はあります。
名無しさん
2016/12/09 09:49
うち、生後7ヶ月頃卵ボーロだけで口の回り赤くなってたけど、ちょっとずつ増やしていったら、1歳3か月の今、オムレツ食べても全然大丈夫になった。完全除去は良くないとよく分かった。
名無しさん
2016/12/09 10:52
良かったね!
名無しさん
2016/12/09 10:57
お子さん良かったですね!
でも個人差あるから誰でも
オッケーでもない気もするし…
やはり医師の指示のもとっていうのが大事ですね!
これを読んで無理やり食べさせる様な
親戚とかが増えないといいけど…
名無しさん
2016/12/09 10:57
生に近いほどアレルゲンが多いのでオムレツ大丈夫でも生卵に近いものは御用心です
完全過熱済み→プリンやアイス→生卵
と段階進めると良いですよ。
名無しさん
2016/12/09 10:58
うちの子がチビの頃は避けろと言われてたんだよね。。。
もっと早くに知りたかったよ?!
名無しさん
2016/12/09 10:59
うちの娘もアトピーで
乳製品とか卵とかサバとかいろいろアレルギー出て、
保育園の給食は除去だったけど、
家では普通に食べさせてました。
三人目だったので手をあまりかけられなかったのもあるけど・・・
お兄ちゃんたちが食べてるのを見たらどうしても食べたくなるしね。
そうしたら徐々にアレルギー値が下がり、
除去の必要がなくなりました。
ただ、最近触れたところに発疹ができるようになり、
牛乳はストローでしか飲めません。
コップで飲むと口の周りが腫れ上がるので。
アレルギーの出方は人それぞれ。合った対処が必要ですね。
名無しさん
2016/12/09 11:03
卵と小麦はかわいそうだもんね。良かったですね。
名無しさん
2016/12/09 11:03
アレルギーを軽減するために少しずつアレルギー食品を食べさせる、って治療法があるみたいですね。もちろん、お医者さん付きですけど。
俺は、火を通したら大丈夫なんだけど、生エビ食べたら蕁麻疹がでるんだぁ(´д`
名無しさん
2016/12/09 11:06
卵ボーロは結構アレルゲンはつよいですよ。
オムレツと同等くらい。
卵ボーロ食べて大丈夫なら結構食べれそうですね。
よかったです。
名無しさん
2016/12/09 11:09
同じですね!うちの子も小麦、米、大豆、卵、牛乳とアレルギーでしたが、食べさせて症状が出たらストップを繰り返し、乳ボーロ一個からスタートして今では標準食に。但し、アナフィラキシーがないことを確認されたかもしれません。除去食しなくて良かったと思います。勿論、全てはアレルギー科の医師の元で行いました。
名無しさん
2016/12/09 11:17
ダニに対するアレルギー反応、つまり花粉症のアレルギーを防ぐのにも、赤ちゃんの頃に最近にもっとふれさせると良いと言う。
動物と触れ合わせたり、牛の糞をわざと室内に置いておくことで、免疫を正しく成長させるのだ。
たぶんこの記事も、同じ原理の話なのだろう。
名無しさん
2016/12/09 11:20
犬猫のいない家でも、赤ちゃんの頃にどっかからもらって来た毛とかを触らせておけば、猫アレルギーにならなくなる?
名無しさん
2016/12/09 11:21
モンゴルの遊牧民とアメリカのアーミッシュには食物アレルギーの人が殆どいないっていいますし。
名無しさん
2016/12/09 11:24
自分の子が何ともなかったからと言って他の子にそれを勧めちゃダメだよ。
死ぬ子だっているんだから。
名無しさん
2016/12/09 11:27
やっぱり過剰対応がアレルギーの発症の原因の1つなんですね。
小さい時からペットを飼ってる家庭もアレルギーになりにくいと言われてますからね。
近年になってアレルギーが増えだしたのも、身体の抵抗力や適応力を奪ってしまう様な習慣が増えた事が原因の1つにあると思います。
名無しさん
2016/12/09 11:33
こういうのはそう思ってもおすすめっぽい書き方とか避けるべきです
素人考えでやって誰でも成功とはいかないと思うので・・・・アナフィラキシーで死亡例もあるにはあるので慎重にやったほうが・・・
名無しさん
2016/12/09 11:33
アトピーの子にカボチャの粉末を与え続けると28%で卵アレルギーになるともとれるね。
実際、アトピーから卵アレルギーになる子はどれくらいいるんだろう。逆にアトピーじゃない子も。
研究がもっと進むといいな。
名無しさん
2016/12/09 10:40
えっ
逆だという認識だった!
名無しさん
2016/12/09 10:52
除去の考え方はもう古いんだそうですよ。勉強されてる小児科の先生は薦めません。初めてお世話になったところは除去の方針だったので私も驚きました?
名無しさん
2016/12/09 11:01
ホコリとかハウスダスト、犬猫もそうだよね。
避けてると逆にアレルギーになる。
潔癖な親だとアレルギーの子になりやすい。
名無しさん
2016/12/09 11:09
昔の子がアレルギーが少なかったのは、
「抗菌」しなかったからだなw
名無しさん
2016/12/09 11:12
つか内臓が成熟してないうちからいろいろ食べさせるから、それがアレルギーになるって言われてた いい加減なもんだなーーー
名無しさん
2016/12/09 11:16
生まれてからまだ一度も食べたことがない食物を、食べるよりも前に体に触れさせるとアレルギーの原因になる説は証明されつつあるみたい。
つまり何でも食わせた方が良いってこと。
他の人も言ってるけど、赤ちゃんの環境を綺麗にしすぎているからアレルギーはどんどん増えている。
汚すぎもだめだけど、綺麗にしすぎて病弱の大人になるんじゃ意味がない。

スポンサーリンク

名無しさん
2016/12/09 11:35
アレルギーの疑いのある赤ちゃんは、牛乳と卵は2歳まで食べさせるな、という皮膚科がいたが、この結果をどう思って見てるだろうか。
rka*****
名無しさん
2016/12/09 11:20
それな。取り返しがつかないかも。
名無しさん
2016/12/09 11:35
抑えられたグループの子は良かったけど
アトピーを発症しちゃった子達のその後が心配
名無しさん
2016/12/09 08:52
海外だとピーナッツがこんな感じだったね。
こうして、世代間の子育て常識ギャップが広がっていく…
名無しさん
2016/12/09 09:01
>海外だとピーナッツがこんな感じ
そうなんですね。
こういう対照実験を国がどんどんやってほしい。
名無しさん
2016/12/09 10:47
元々はNEJMに出たピーナッツの実験だったかな
早くからピーナッツを食べるのと食べないのでアレルギーが出やすくなるかどうかって研究で、ピーナッツを早くから食べさせるユダヤ系に有意にピーナツアレルギーが少ないとかの
あとはピーナッツを経皮的に使う(ピーナッツ入りのローションってのが海外にはある)のと、経口で食べさせるのでは有意に経皮的にやるほうが食物アレルギー発症率が上がるってのもあったかと
これらの研究から「食べ物を『食べる』とアレルギーを抑制する方向に働く」「皮膚からの物質が入るとそれがアレルゲンになりやすい」って考え方が一般的になった
なんで、アトピーが悪い子を治療すると、一緒にあるアレルギーも治ってしまうってケースが結構ある
アトピーは放置でいい、なんていう一部の過激な皮膚科医の主張は当然ながら逆の結果を生む
名無しさん
2016/12/09 10:53
↑この認識ですよね。もっともっと一般に普及すべきです。
名無しさん
2016/12/09 09:10
卵はアレルギーが怖いからうちはまだ食べさせない、と言って1、2歳になっても食べさせてないところの子供に限って卵アレルギーを発症する家が多いな、という気がしてたのは気のせいではなかったってことか
名無しさん
2016/12/09 09:42
大抵の場合アレルギーが怖いから食べさせない家は親戚にアトピーやアレルギーがいるから。遺伝の影響も大きいはず。
名無しさん
2016/12/09 10:48
遺伝要素はあるけど、それは怖がりすぎだね
親がアレルギーあっても子供も同じ、というわけではないし
卵駄目なだけで食生活かなり制限されるし、怖いからってだけで食べさせないのはあまりよくないこと
名無しさん
2016/12/09 10:56
私は毎日卵の入った料理を食べてるけど大人になってもアレルギーは治らず未だに卵焼きは食べられない。
食べ続ければ治るというものでもない。
名無しさん
2016/12/09 11:04
アレルギーになるのが怖いと言うのもあるけど、アレルギーになった時に小さな子供だと耐えられないのではないかという怖さもあった。
でもよく考えれば成長しててもアレルギーの耐性はあんまり変わらないのかな。
名無しさん
2016/12/09 11:04
そういう人もいるね
おとなになっても重度のアレルギーが改善しない人
そうでない、親が怖いってだけで全くも口にさせないのは可哀想ってことっすな
本当はアレルギーでないのに食べるべき時期を逃すというのは…
名無しさん
2016/12/09 11:17
医者からアレルギーのある子はある程度大きくなるまでは避けるようにって言われる人もちらほら話に聞いてた。
名無しさん
2016/12/09 11:20
なんでも小さいころに慣れさせないと、一生食えないってことなんだろ。
名無しさん
2016/12/09 11:21
アレルギーを人より怖がって食べさせないって言う親は、自分たちがアレルギー体質だったりするからでは?
名無しさん
2016/12/09 10:50
肌から摂取すると抗体ができてアレルギーになりやすいけど、食事でとると安全なものと体が認識してアレルギーになりにくいと聞いたことがあるから、そんなものなのかも。でも、親はちょっと怖いよね。
名無しさん
2016/12/09 10:59
自分が栄養学を学んでいた頃は、むしろ逆の説が大勢だったのにな。
痛風対策がビールだった時代もあるし…こういうのはどんどん刷新されていくけど、できるだけ最新の情報を集めつつ、慎重にケアしていかなきゃね。
名無しさん
2016/12/09 10:51
アレルギーって難しいんだね
茶のしずくみたいないきなり知らなかったので死にかける場合もあるしね
名無しさん
2016/12/09 11:12
茶のしずくの場合は極端な例だからね・・・
あきらめて
名無しさん
2016/12/09 10:57
これで「アレルギーは甘え」とか言い出してだまし討ちで食わせるような人が出ないといいけど。
名無しさん
2016/12/09 11:06
大人になってからのも気になる。
大人になってからアレルギーが出る場合もあるけど、それは関係あるのか無いのか。
それと、独断と偏見でアレルギーのある人に無理強いしてはいけない。
実際小学生が事故で亡くなっている。
医師の診断の元行う、これ絶対。
名無しさん
2016/12/09 10:43
2歳でまだソバは食べさせてないけど、どうなんだろ。。。?
名無しさん
2016/12/09 10:48
我が家も2歳半の子に蕎麦とピーナッツを食べさせるタイミングを悩んでいます…
重篤なアレルギーがあったらと思うとドキドキですよね(^-^;)
名無しさん
2016/12/09 10:51
レストランなどの蕎麦も同じお湯で茹でているようなところで、うどんをまず食べさせると言うにはどうでしょうか?たぶんこれでアレルギー反応が出なければ蕎麦も大丈夫だと思いますよ。
名無しさん
2016/12/09 10:58
>重篤なアレルギーがあったらと思うとドキドキ
まさにそうです!怖くて怖くて。。
名無しさん
2016/12/09 10:58
>レストランでうどん
なるほど。一度機会があればやってみます。
名無しさん
2016/12/09 11:00
ソバ茶とかを腕に数滴付けてみたら?パッチテストみたいに。
アレルギーあるなら多分腕とかがはれたりすると思うし。
名無しさん
2016/12/09 11:02
そばアレルギーの場合、寝室でそば殻枕で枕投げしてみればすぐわかる。もし呼吸器喘息のような症状や目が痒いといった症状が確認されたら急いで病院に行くことになりますが・・・。
名無しさん
2016/12/09 11:07
>パッチテスト
なるほど。
ソバ茶を飲む機会があれば、やってみます。
名無しさん
2016/12/09 11:08
>枕投げ
その発想はなかったです(苦笑)
ソバ殻の枕、あったっけ。。。?
名無しさん
2016/12/09 11:15
うちも2歳だけど蕎麦はまだあんまり食べさせて無かった。一度蕎麦のお菓子を口にしちゃって何も無かったから現時点でアレルギーはないと思うけど、早く食べさせたら発症しやすくなると思ってた。
そろそろ本格的にあげてみようかな。
名無しさん
2016/12/09 11:19
午前中の病院に行ける時間に試してね。
名無しさん
2016/12/09 09:28
確かに周りの子供を見ていると少しずつ食べてたらアレルギー反応がなくなってきた子も多い。
ただ、相手が赤ちゃんだから慎重にやらないとね。
研究が進むのを願います。
名無しさん
2016/12/09 10:53
上の子の時は逆のこと言われたんだが。。。
名無しさん
2016/12/09 10:54
運動誘発アナフィラキシーの知識がない人が
勘違いする可能性がある。
名無しさん
2016/12/09 11:04
著しく賛成。
1歳くらいで抗体が作れるようになってから無理のない量で少しずつ与えたほうが良いのでは?
アレルギーを起こしているのに摂取し続けてアナフィラキシーショック起こしたら取り返しがつかないですよね。

スポンサーリンク

名無しさん
2016/12/09 10:48
60人とはいえこの発症率の違いは驚き
これは協力してくれた母子に感謝しなければならん情報だなあ
名無しさん
2016/12/09 10:51
成育医療センターはアレルギー関係の研究では世界的に有名だからね
以前も「早くから保湿すれば子供のアトピー発症率が下がる」って研究結果を発表して評価されてたし
まぁ、ここの研究を嫌がってる人たちは結構いるのでネガキャンもチラホラあるけどな
アトピーに保湿やステロイドは駄目、とか言い張る人たちが特に
名無しさん
2016/12/09 11:46
人体実験に協力してババを引いた子供は一生アレルギーに苦しまされそうですね
名無しさん
2016/12/09 10:50
私も赤ちゃんの時卵アレルギーだったけど、少しずつ食べさせてくれてたお陰で卵が食べれる体になったみたいで本当に親に感謝してます。
名無しさん
2016/12/09 11:09
アレルギーは先天的なものではなく後天的なものなのかな?
更なる研究が期待できるね。
名無しさん
2016/12/09 11:25
2歳半の子が、1歳の時に卵アレルギーと判明。
6ヶ月頃から食べていて、体に軽く湿疹出るくらいの症状だったけど
未だに卵食べると湿疹が出る。
つなぎで卵を使う所からスタートしたけど、良くも悪くもならない。
未だに卵そのものは禁止されています。
名無しさん
2016/12/09 11:13
お、これはいい話を聞いた。
自分は何のアレルギーもないけど、お腹の子がそうとは限らないからなぁ。
名無しさん
2016/12/09 10:46
本当なんだろうか?
名無しさん
2016/12/09 10:50
こういう情報は180度変わったりするので。また、数年後、全く違うことを言いだす気がします。振り回され過ぎないことも大事。
名無しさん
2016/12/09 10:55
まもなく離乳食開始の娘がいますが、さすがに実験するのはこわいです。
名無しさん
2016/12/09 11:03
個人差があるのだから
危険性を分かった上で少量で試すしかない…
論文でも書くなら理屈は必要だけど
そうじゃなければ答えを先に導き出してもいいと思う…
名無しさん
2016/12/09 11:19
抗体の過剰反応だから食べさせて過剰反応しなくても大丈夫って身体に覚えさせる感じか
名無しさん
2016/12/09 10:52
こういう研究で幸せになれる人多いと思うなあ
名無しさん
2016/12/09 11:31
色んな物食べた方がいいね。
勿論すでにアレルギーがある場合は別だが。
名無しさん
2016/12/09 11:06
1日50mgずつ食べさせるというのを自宅でやるのはなかなか骨が折れる作業ではないかと思う。
名無しさん
2016/12/09 11:13
これは人体実験ではないのかな?
名無しさん
2016/12/09 11:08
年齢的なこともあるけど、小さい時から好き嫌いをせずに何でも食べさせれば良いということだろうか。
名無しさん
2016/12/09 09:54
食物アレルギーについては、たった何年か後でも考え方と対処が変わるから、その時のリアルタイムの情報でするしかないし、自分の時の考えを人に押し付けてはいけない。
特に肌表面のじんましんではなく、気管などの粘膜に症状がでる子の場合は、細心の注意を払っておかなければ。
ウチの子は食物アレルギーでのアトピーでもあり、蕁麻疹も粘膜に出るタイプではなかったので、完全除去時代全盛期だったけど、年齢を重ねるにつれ少しづつ食べさて慣らす事も比較的進めやすかった。
今はアトピーも蕁麻疹も出ない。
名無しさん
2016/12/09 11:17
NHKのアレルギー革命でしたっけ?そんな番組、本でも似たようなこと書いてますよね。
名無しさん
2016/12/09 11:06
mg単位で管理は家庭だとちょっと難しいね
名無しさん
2016/12/09 10:57
少しずつといっても個人差あるし、どのくらい与えるのか一般人にはわからないから難しいでしょ。下手したら死ぬ可能性あるし
名無しさん
2016/12/09 10:45
私は玉子が大好きなので、アレルギーじゃなくて本当に良かった!と思っていますが、玉子が食べれないと世の中の美味しいものの7割は食べれないのかな?と思うほど、玉子料理が多いですよね。
少しでも『食べる楽しみと意義』を感じれるように、アレルギーがなくなるといいですね。
名無しさん
2016/12/09 10:52
小麦アレルギーも悲惨だよなぁ。
茶のしずくの件もどうなったのやら。
名無しさん
2016/12/09 10:56
小麦、卵あたりのアレルギーの方は大変ですよね。
なんせほとんどの料理に使われてますからね・・・
名無しさん
2016/12/09 11:45
子供の除去食つくってると、卵アレルギーは比較的楽ですよ。
個人的には大豆が大変だった。
でも小麦も乳も大変。
食材より調味がダメになるものの方が大変(;´Д`)
名無しさん
2016/12/09 10:24
その後の追跡調査も細かくやってほしい。
早期から摂取して発症する確率が減らせても発症した場合に重篤化したり長期化したりするようなことはないのだろうか。
ちなみに私は大人になっても卵アレルギーが治りません。
名無しさん
2016/12/09 08:58
小麦・そばなどの穀類でもこの方式が有効だったらけっこうすごい。
でももし物質によるとしたら、素人の勝手な解釈は危険だしなあ。
難しいな。
名無しさん
2016/12/09 09:48
8ヵ月になったら2~3日おきに食べさせてって指導されたのに、6ヵ月から毎日なの??

スポンサーリンク

名無しさん
2016/12/09 11:27
他のアレルギーはどうなんだろう。そばとかエビ・カニ類とか。
ダニやハウスダストにも抗体は作られるのだろうか。
名無しさん
2016/12/09 11:36
って言われても、自分の子供で実行するの怖くね?
名無しさん
2016/12/09 11:10
んー、完全除去して身体が強くなってから食べるのがいいと思ってたけど、、
何が正解なのか、、難しいね、、
名無しさん
2016/12/09 11:30
現代の食事で卵無しはとてもつらい。
これで少しでもアレルギーが克服されるといいですね。
名無しさん
2016/12/09 11:00
にわかには信じがたい。
一つの研究例を早計に鵜呑みにしない方が良いと思う。
特に、医療や健康、子供の健康に関わることは。
名無しさん
2016/12/09 10:15
上の子も下の子も食物アレルギー。
生後4ヶ月の血液検査で発覚してから、上は完全除去。下は減感作で食べさせ続けたけど、減感作は壮絶だった。食べて吐いてだった。何回アナフィラキシーになった事か。
結局2人とも未だに解除にはならず、エピペン持参で学校に行ってます。
減感作で治る&発症しないかは、やはりその子次第かな。
名無しさん
2016/12/09 10:54
うちは双子の片方に卵と小麦のアレルギーがあります。片方は何もありません。
現在、小麦の減感作をやっていて今のところは症状もなく順調ですが、卵は怖くてできないレベル。
よく神経質になりすぎだからアレルギーになった等と言う無知な人もいますがこれは素人考えかと。双子で同じ環境で育ててもこれなんですから。
名無しさん
2016/12/09 11:04
本当、その子の持って生まれたものですね。
無知に心乱され傷付いたりもしますが、完全除去がダメ、減感作がダメと言う情報に振り回されず、その子のベストで育てて行けたら良いですね。
名無しさん
2016/12/09 11:12
減感作は、きちんと病院の医師の指導により、行なったのですか?
一般的ではなく、一部の医療機関で食べ物を経口減感作療法を行なっていますが、経過を見ながら本当に慎重にやらないと危険です。
ニュースの記事のように、家庭で早めの時期に離乳食で色々な種類を食べるのは良い事ですが、きちんと皮膚の状態などをよく観察しながら進める事は必須です。
名無しさん
2016/12/09 11:16
勿論そうです。
入院しての負荷試験、減感作もやりましたが、どちらも途中中止になるレベルでした。
名無しさん
2016/12/09 10:52
我が家のようにアナフィラキシーショックを起こした子の場合はゆっくり負荷試験を行わないといけないと思いますが呼吸系に異常がないなら早くから食べさせて体を慣らした方がいいということですね。我が家も3歳になってなんとか卵が食べれるようになりましたがアレルギーが治ったのに本人は不思議と卵を欲しがりません。
名無しさん
2016/12/09 11:19
きっと本能的に避けてるんでしょうね。
子どものそういう能力はすごいですね。
名無しさん
2016/12/09 11:13
そんなこともないような気がします。
一歳から食べてる知り合いのお子様も、まったく問題ないし。
体質やタイミングではないでしょうか?
そうでないと、後から食べてる人みんなかわいそうですよ!
名無しさん
2016/12/09 11:19
生後6ヶ月で卵食べさそうと思ったら
どんな離乳食があるの?
名無しさん
2016/12/09 11:08
医師の指導の元完全除去だったよ…(TT)今ものすごく苦労してる。卵以外にもアレルギーが多くって。そういえば離乳食時期に豆乳をよく飲ませてたけど、大豆は大丈夫だったなぁ…。豆乳を飲ませすぎたら、アレルギーになるとはよく言われたんだけど。
名無しさん
2016/12/09 10:56
赤ちゃんの成長速度には個人差があるから、
機械的に「6カ月」と決めつけないほうがいいと思う。
名無しさん
2016/12/09 10:51
記事の内容に期待したが、その「早くから」も以前に危篤なアレルギーを発祥したので、その場合は?と思い少しがっかり。
卵以外にも沢山あり段階を経て少量ごと食べさせ、少しずつ良くなっていますが。
名無しさん
2016/12/09 10:58
卵以外でもそうなんだろうか…
数年後には離乳食の開始時期の表がガラッと変わっていそうだね。
名無しさん
2016/12/09 11:37
生後6ヶ月から卵はじめたのに、1歳頃にアレルギー出たんだけど…
食べが悪いなぁとおもってたからたくさんたべさせなかったのに。
軽かったから、3ヶ月卵だちしてまた固茹での黄身からはじめていったけど、はやく食べても出るものは出るって言うのは変わらないと思う。
名無しさん
2016/12/09 11:04
これ、結構前から言われてることだと思ってました。
減感作療法なんて前からありましたし。
生まれたときから犬と一緒に暮らす赤ちゃんの方がアレルギーを起こしにくいという報告もありますし。
離乳食については、どんな研究結果があったとしても正解も不正解もなく、結局親が何を信じ、どんなやり方を選択するか、ということに尽きると思います。
ただ、アレルギーについては大人になってからも本当に苦労するので、食べられるようになる可能性が高くなるならそっちを選択してあげて欲しいなと思います。

 

スポンサーリンク